WEB FORUM
第17回 東広島医療センターフォーラム

市民Web公開講座
東広島医療センターでは、毎年「市民公開講座」を開催し、
最新の「がん治療」に関する情報を皆さまにお届けしておりました。
今年度も昨年度にひきつづき新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、
オンラインによる動画配信の形式で開催いたします。
2021年3月12日 12:00 ~ 3月26日 17:00 公開日 2021年3月12日 12:00 ~ 3月26日 17:00まで

今回のフォーラムでは、動画による最新のがん治療の講演や、東広島医療センターで行っている、がん診療と患者さんを支える様々な取り組みについてご紹介いたします。講演は、どなたでもご視聴いただけます。

アンケート

院長ごあいさつ

第17回東広島医療センターフォーラムの開催にあたりご挨拶申し上げます。毎年行ってきました市民公開講座「がん診療の最前線」は昨年同様に今年もウェブ開催となりました。新型コロナ感染症は社会に大きな影響をもたらしましたが、関連各機関、関係者の方々の御尽力により本会が開催できますことに感謝申し上げます。硯在がん診療はがん遺伝子を用いた個別化治療、免疫療法、ワクチン療法など大きな変化や展望が見られます。当院は昨年がんゲノム医療連携病院の指定を受け、また無菌治療室を開設しました。本会を通して現場で行われている治療などの実際と病気の理解を深めて頂き、皆様のお役に立てればと思います。

勇木清

東広島医療センター

院長 勇木 清

特別講演

ゲノム医療が切り拓くがん診療の近未来
~地域で受けられる最先端医療をめざして~

講演概要

2019年6月から「がんゲノム医療」が保険診療となり、オールジャパンでがんに取り組む新しい体制がスタートしました。同年9月、広島大学病院は「がんゲノム医療拠点病院」に指定され、多職種連携でチーム医療を進めてきました。2021年4月より、広島県内の11の医療機関が「がんゲノム医療連携病院」に指定され、県内のどこに住んでいても、自分にあった最先端のがん診療が地域で受けられる「ゲノム先進県」の近未来についてお話しします。

講演者プロフィール

広島大学病院
ゲノム医療センター長/
遺伝子診療科 教授

檜井 孝夫 先生

檜井孝夫

ミニレクチャー

統括診療部長ごあいさつ

柴田諭

東広島医療センター

統括診療部長 柴田 諭

シンポジウムコーディネーター

今回のミニレクチャーは、胃がん、すい臓がんについて最近当院に赴任された専門の先生方から新しい診断や治療についてお話をしていただきます。今年もオンラインでの開催となり、お時間のある時にゆっくり見ていただくことも、繰り返し視聴していただくことも可能ですので、是非こ覧ください。

もっと知ろう胃がんのこと

講演者プロフィール

東広島医療センター
外科医長

堀田 龍一

堀田龍一

講演概要

胃がんは、かつては死亡原因の第1位でありましたが、ピロリ菌の除菌や検診の普及、手術や抗がん剤治療の進歩により、胃がんの死亡率は減少して きています。しかしながら、その発生率はいまだ高いのが現状です。今回、胃がんの診断治療の流れや当院での取り組みについてお話いたします。

「すい臓がんの診断と治療」

講演者プロフィール

東広島医療センター
消化器内科医師

河村 良太

河村良太

講演概要

最新のがん統計によるとすい臓がんはがん死亡原因の第4位です。近年、増加傾向にあるとされているすい臓がんですが、目立った初期症状がないケースも多々あります。すい臓がんが疑われた場合に必要な検査や治療についてお話させていただきたいと思います。

今後のイベントに生かすため、ご視聴後はアンケートにご協力いただければ幸いです。

ページトップに戻る